がん末期でお悩みならクリニックC4。末期がん、多発転移でもクリニックC4のトモセラピーなら治療の可能性があります。

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

緩和ケアを行うということは余命が短いということ?

緩和ケアとターミナルケアは同じ?違いはある?

トップページ >> 緩和ケアに関する記事一覧 >> 緩和ケアとターミナルケアは同じ?違いはある?

緩和ケア・ターミナルケアとは

「緩和ケア」と聞いて、最期の瞬間だけに関わる話だと思っていませんか?

ここでは、誤解されていることも多い緩和ケアとターミナルケアの違いについて解説します。

緩和ケアとは

緩和ケアとターミナルケアの最も大きな違いは、ターミナルケアが「死に方」にスポットを当てているのに対し、緩和ケアは「生き方」に注目しているという点です。
例えば、世界保険機構WHOによる緩和ケアの定義の1つには、「生命を肯定し、死にゆくことを自然な過程と捉える」とあります。
「どう生きるか、どう生きたいのか」をガンになったことをきっかけに改めて考える。それが緩和ケアの第一歩です。

緩和ケアは最期の迎え方の話ではありません。緩和ケアをしながら、治療も行う。そんなことも可能です。

一方、もし最期の迎え方だけに注力し、安らかな最期を過ごしたいのであれば、それにはターミナルケアが最適です。

※参照:緩和医療学会HP

ターミナルケアとは

ターミナルケアとは直訳すれば、「終末期医療」。WHOによる国際的な定義がある緩和ケアに対し、ターミナルケアには国際的に認識された定義がありません。そのため、ターミナルケアという言葉は、それに関連する緩和ケアやホスピスケアといった言葉としばしば混同して使われます。

そのような状況に対して日本医師会は、ターミナル期=終末期を以下のように定義しました。
「治療方針を決める際に、患者はそう遠くない時期に死に至るであろうことに配慮する」この時期が終末期であり、その時期に行われる医療・ケアをターミナルケアと呼ぶ。
つまり、いかに苦痛なく最期を迎えるかという点に主眼を置いているのがターミナルケアであり、その点で「生き方」を考える緩和ケアとは大きく異なります。
具体的なターミナルケアとは、延命を目的とせず、身体を蝕む痛みや苦しみをを取り除き、避けようのない死に直面している患者さんの恐怖を和らげて、安らかに最期を迎えるサポートをする事を指します。

※参照:ニッセイ基礎研究所会HP

緩和ケアとターミナルケアの違い

ここでは、ターミナルケアと緩和ケアの違いについて項目ごとに説明していきます。

開始時期

緩和ケアとターミナルケアの大きな違いの1つは、開始時期の違いです。

緩和ケアは、ガンと診断されたその瞬間から始まるのに対し、ターミナルケアはその字のごとくターミナル、すなわち人生の終着駅が見えた時からがスタート。

WHOによる定義は以下の通りです。

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に同定し、適切な評価と治療によって苦痛の予防と緩和を行うことで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。

※参照:日本緩和医療学会「「WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002)」定訳」

つまり、緩和ケアでは、病気の進行度に関係なく、患者さんの身体的・社会的・精神的などあらゆる苦痛を和らげ、Q.O.L、すなわち生活の質を上げ、「普通に生き、普通に最期を迎える」ことを目的とします。

一方、ターミナルケアは終末期、つまり、死が間近に迫った状況になって始めて施されるケアです。
緩和ケアは診断のタイミングから行われる治療なので、ターミナルケアと緩和ケアはスタートするタイミングの概念が違います。

具体的なケアの内容

ターミナルケアにおけるもっとも重要な側面の一つが、治療方針の決定です。
厚生労働省は、2007年に「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」を発表しています。
その後、改訂が行われ、現時点での最新版は2018年3月に改訂版として発表された「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」です。

「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン」の概要
本人の意思の確認ができる場合は、本人による意思決定を基本とする。
本人の意思の確認ができない場合は家族等が本人の意思を推定できる場合にはその推定意思を尊重し、本人にとっての最善の方針をとることを基本とする。
家族等が本人の意思を推定できない場合には、本人にとって何が最善であるかについて、本人に代わる者として家族等と十分に話し合い、本人にとっての最善の方針をとることを基本とする。
家族等がいない場合及び家族等が判断を医療・ケアチームに委ねる場合には、 本人にとっての最善の方針をとることを基本とする。

※参照:厚生労働省「「人生の最終段階における医療の決定プロセスに関するガイドライン」の改訂について」

このように、ターミナルケアは精神的な苦痛を取り除くサポートに主眼を置いている一方で、病気による苦しみ、痛みの除去が主目的なので、ターミナルケアと比較すると極めて医療的なアプローチと言えます。

費用

料金体系における緩和ケア、ターミナルケアの大きな違いというものは、実はそんなにありません。
例えば、入院してそのようなケアを受ける場合であれば、いずれの場合も入院料の自己負担分・食費の自己負・担分差額ベット代がかかりますし、在宅であれば往診費、訪問看護費、その他看護に必要なポータブルトイレの費用などが必要になってきます。
しかし、厚生労働省による「緩和ケア病棟」承認済の病棟で緩和ケアを受けるのであれば、費用はケアの内容にかかわらず一定額となります。

  1. 30日以内…1日49,260円
  2. 31日以上60日以内…1日44,000円
  3. 61日以上…1日33,000円

※別途、1日3食分の食事医療費360円が加わります。

入院料の自己負担分については、入院する日数および医療費の自己負担額によっても異なりますが、1割負担の人が入院したときの毎月の自己負担限度額は5万7,600円です。
また、保険適用や、補助金制度なども徐々に拡大しつつあります。日々、最新の情報をチェックしておきましょう。

緩和ケア・ターミナルケアにまつわる用語

看取りケア

自宅や介護施設で式が近い状態で受けるケアのこと。意識がない場合でも最後まで意思疎通をはかり、体調を管理するために必要な身体的なケアを提供します。これには、栄養、排泄、褥瘡の予防も含まれます。
主に自宅や介護施設で亡くなる直前に施されるケアを指し、たとえ意識がなくなった状態にあったとしても、最期まで本人とコミュニケーションを取り、体調管理に必要な身体的ケアを行います。

ホスピスケア

緩和ケアと同じく、病気の痛みを取り除き、静かに最後を迎えることを目的としたケアです。
ホスピスは、末期がん患者たちの痛みを和らげるために1967年にイギリスのロンドンに設立されたのが始まり。専門家が集まり、患者の痛みを和らげるケアを実践しています。
ホスピスには長い歴史があり、中世ヨーロッパでは、ホスピスは貧しい人々や巡礼者に食べ物や避難所を提供し、貧しい人々を支援する役割を果たす施設でした。日本ではなじみがないかもしれませんが、ヨーロッパではホスピスは慈善活動に情熱を注ぐ施設として広く認識されています。

エンドオブライフケア

年齢や健康状態や診断名を問わず、誰でもいつかは訪れる「End of life」=命の終わりのタイミングについて勇気をもって考える人が、死を迎えるその瞬間まで自我をしっかりと持ち生きることを可能にするケアを指します。
体の痛み、感情の痛み、病気や衰弱のために自分の役割を果たせないときの痛み、年齢とともに自分で判断するのが難しくなるときの痛み、「私の人生は終わりかも」とふと思ってしまう痛み、家族に迷惑をかけたくないという痛み、経済的な問題を抱えているという痛み、そして人生で重要な決断を下す痛み。そんな痛みを取り除き、生活の質を向上させることを目的としたケアです。

私たちクリニックC4は『がんをあきらめない』