がん末期でお悩みならクリニックC4。末期がん、多発転移でもクリニックC4のトモセラピーなら治療の可能性があります。

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

末期がんになったら、緩和ケアを受けるべき?

末期がんになったら、緩和ケアを受けるべき?

トップページ >> 緩和ケアに関する記事一覧 >> 末期がんになったら、緩和ケアを受けるべき?

がんと診断されたら、いつ緩和ケアを受けるべきなのでしょうか?緩和ケアをはじめる時期や種類など、緩和ケアについての疑問をわかりやすく解説します。

緩和ケアは末期治療?

緩和ケアとは、病気によってもたらされる心と体の痛みを和らげる治療です。
2人に1人が癌になる時代となり、がんは珍しい病気ではなくなりました。末期がんになると、病気の痛みだけでなく不安や恐怖などさまざまな感情があらわれますが、最近では「痛みは当たり前」「我慢するのが治療」といった従来の考え方からは離れ、本人らしい生活をおくれるような治療がメインとなってきています。
この「本人らしい生活をおくれる治療」として提供されているのが、本人と家族の心身の痛みや不安を和らげ生活の質をあげる治療である「緩和ケア」。 抗がん剤や放射線治療と同時に、緩和ケアを並行して進めるケースも増えてきているのです。

緩和ケアとホスピスのちがい

患者の身体的・精神的・社会的側面などを総合的に捉えてケアするところが「ホスピス」と定義されており、「緩和ケア」は病気の進行度には関係なく患者の苦痛を和らげることに焦点を当てたケアとされています。
「緩和ケア」では、がんと診断されたときから苦痛や不安を取り除くための治療が始まります。一方「ホスピス」は療養の場で、治療が望めない段階になってから穏やかに終末期を過ごす施設。入所してからは、全人的に患者をケアするという考え方にもとづいて穏やかな終末期を過ごす緩和ケアが行われます。
「ホスピス」に関しては、苦痛症状を緩和するための専門的なトレーニングを受けた医師・看護師で構成され、24時間緩和ケアを受けられます。一旦入院したら退院できないわけでなく、自宅への退院が叶うように、地域や在宅の医療機関との連携を図っています。
ホスピスと緩和ケアは、どちらも患者さんに苦痛がないよう、医療だけでなく心のケアを提供することを目的としていますが、両者は異なるものです。
ホスピスケアは他に医療介入手段がなくなった「余命の短い患者さん」に提供されるもので、緩和ケアは「早期のがん患者さん」から提供されるもの。それがホスピスと緩和ケアの最も大きな違いです。

緩和ケアはいつから受けるべき?

緩和ケアは、治療方法がない人への医療ではありません。
がん治療の初期段階から治療と一緒にはじめることで、放射線治療や抗がん剤の治療に対しても、不安や痛みを緩和できることで、効果的な治療が期待できます。
病気でなくても、先の見えないことや経験したことがないことに対して、人はだれでも不安になるものです。緩和ケアで、本人の痛みの緩和だけでなく、家族や本人の精神的なフォローの治療を含めて医師や看護師、カウンセラーなどチームで対応してもらうことで、安心して治療をうけられるのではないでしょうか。
何も対処できない人向けではなく、がんと診断されたときから緩和ケアはがん治療と併用できます。

緩和ケアの種類

緩和ケアは、疼痛を和らげる薬剤の処方だけではなく、下記のようなケアもあります。

・自分の病気を知り、治療法の選択を助ける
・痛みなどのつらい症状を取り除くケア
・日常生活を取り戻すケア(不眠や食欲不振、排泄のケアなど)
・こころのふれあいを大切にし、元気になるケア(アロマテラピーや音楽療法など)
・ご家族へのケア(経済的な問題や仕事と介護との両立の相談)
・ご自宅でも、緩和ケアを受けられるようにする環境整備(福祉用具貸与)

師や看護師だけでなく、その他に心理士、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、管理栄養士、薬剤師、理学、作業療法士、言語聴覚士とそれぞれの専門職がチームとして支えます。
※参照:
国立がん研究センター がん情報サービス 「がんと言われたときから始まる緩和ケア」
日本緩和医療学会 緩和ケアネット 「緩和ケアは「がんの治療」と一緒に始めます」

緩和ケアの利用の仕方

緩和ケアの利用方法は、入院(一般・ホスピス)・外来・在宅の4つがあります。

  1. 一般病棟における専門的緩和ケア(緩和ケアチーム)
  2. 外来における緩和ケア(緩和ケア外来)※1
  3. 専門病棟のおける緩和ケア(ホスピス・緩和ケア病棟)
  4. 自宅療養における緩和ケア(在宅緩和ケア)

※1がん診療連携拠点病院には、緩和ケアチームが義務化。外来に「緩和ケア外来」あり。

痛みや治療について我慢をする必要はなく、希望があれば始められる治療です。担当医師やケアマネジャーなどに相談しましょう。

緩和ケアにかかる費用

病院か自宅か、緩和ケアを受ける場所によって費用は変わってきます。治療中の病院・緩和ケア病院・在宅の場合という3つのパターンに分けてご紹介していきましょう。

・現在、治療中の病院に入院して緩和ケアを受ける場合

厚生労働省から認証された「緩和ケア病棟」は定額制となっており、治療内容に関わらず、入院30日以内で1日5,207点(52,070円)、または 31日以上からは4,970点(49,700円)が掛かります。

・現在、治療中の病院に入院して緩和ケアを受ける場合

厚生労働省から認証された「緩和ケア病棟」は定額制となっており、治療内容に関わらず、入院30日以内で1日5,207点(52,070円)、または 31日以上からは4,970点(49,700円)が掛かります。

こちらも医療保険が適用されるので、30日以内の場合、3割負担の方は1日約15,000円、1割負担の方は1日約5,000円となります。

・通院や自宅で緩和ケアを受ける場合

診療所に通院したり、自宅に訪問診療や訪問看護に来てもらって在宅で緩和ケアを受けますが、医師や看護師が訪問して行うケアには医療保険が適用されます。
在宅で訪問看護をうける場合、訪問を受ける回数で金額はかわってきます。週1回から週3回までの訪問看護の場合、概算でどれくらいになるか表にまとめてみました。

(表1)70歳未満の方
週1回訪問 週3回訪問 週5回訪問
3割負担 約15,000円/月 約40,000円/月 約60,000円/月
1割負担 約5,000円/月 約13,000円/月 約20,000円/月

※訪問看護は介護保険適用になる場合もあります。

高額になりがちな医療費ですが、高額療養費制度・限度額適用認定証を使えば自己負担分だけで済む場合もあります。国民保険のかたは市町村役場へ、勤務先から発行された保険証のかたは会社の担当者に問い合わせてみましょう。

※参照:
厚生労働省「緩和ケア とは」
日本産婦人科医会 (緩和ケア病棟)
がん情報 みやぎ (緩和ケアの利用の仕方)

末期になったらどうしたい?意識調査で見えた傾向

末期をどこで過ごしたいか

2018年3月に厚生労働省によって調査された人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会の「人生の最終段階における医療に関する意識調査」からは、訪問診療や訪問介護による在宅介護環境の充実と人々の意識変化により、「自宅」で末期を過ごしたい人が増えていることが伺えます。
2013年頃の調査では、「家族に迷惑をかけたくない」という理由で、一般の国民の「最後は病院や施設での治療希望」は6割を超えていました。しかし、医療従事者は国民とは逆に、半数以上が「最後は病院や施設」でなく「自宅」を希望という結果に。
2018年の調査結果では、一般の国民も5割弱が「自宅で最後」となり、末期は自宅で過ごしたいという人が増えてきました。医療従事者については「自宅」を希望する方が7割弱とさらに増加しています。

※参照:厚生労働省「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方に関する検討会[ 人生の最終段階における医療に関する意識調査] 報告書」( 平成 30 年 3 月調査)

希望する治療方針とは

治療についても、不自然に生き延びる治療方針よりも、自然に近い治療が望まれているようです。
たとえば、口から栄養が取れなくなった場合、一般の国民も医療従事者も水分を点滴で取ることには抵抗はありません。しかし、静脈に栄養を入れたり、鼻や胃で流動食を摂取することについては、一般国民の7割、医療従事者の8割強が「管や管での栄養摂取は望まない」という結果に。蘇生処置についても、一般の国民の7割弱、医療従事者の9割弱が「望まない」と回答しています。
管や医療機器に繋がれて命を永らえるより、「自然死に近い状態で寿命を終えたい」という希望が増えているようです。

期でも受けられる治療に注目

末期がんでも諦めることなく受けられる、がんに強く身体に優しい治療。それがトモセラピーです。
トモセラピー(Tomotherapy)はアメリカで開発されたがんの放射線治療機器です。
従来の放射線治療は、病巣だけでなく、周辺組織も放射線が照射されてしまうので、健康な細胞にも放射線が照射されてしまっていました。
一方、トモセラピーの放射線は患者のまわりを螺旋状に回転しながら細い放射線を組み合わせて照射するので、病巣の形に合わせて照射が可能。放射線の量についても、通常の放射線治療より低い放射線レベルで治療効果をあげ、体力を温存しながらの治療が可能となっています。

トモセラピー治療の特徴

  1. 痛みや出血もなく、正常な組織への放射線照射もないため副作用も少ない
  2. 通院治療で1回の治療は5分から20分程度と時間的な負担も少ない
  3. 複数のがんでも同時に治療が可能
  4. 治療直前にがん病巣がどこにあるかが分かるため、的確にがん病巣に照射できる

身体に負担がかかりにくくがん治療ができるトモセラピー。
緩和ケアと並行して治療を続けることが可能で、自宅で過ごしつつ通院治療が叶う、末期がん患者にとっての新たな希望の光となっています。

トモセラピー治療についてもっと詳しく

私たちクリニックC4は『がんをあきらめない』