がん末期でお悩みならクリニックC4。末期がん、多発転移でもクリニックC4のトモセラピーなら治療の可能性があります。

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

緩和ケアにおける放射線治療とはどんなもの?

緩和ケアにおける放射線治療とはどんなもの?

トップページ >> 緩和ケアに関する記事一覧 >> 緩和ケアにおける放射線治療とはどんなもの?

放射線を用いた緩和ケアとは

放射線を用いた緩和ケアとは

がんには三大治療法と呼ばれる治療方法があり、「手術療法」「薬物療法」に加えて「放射線療法」が含まれています。

放射線治療は緩和治療目的にも使用され、緩和ケアには欠かせないもの。
緩和ケアと聞くと、終末期(ターミナル期)のケアと考える方も多いと思いますが、近年では「終末期におこなうケア=緩和ケア」ではなくなってきています。
特に放射線療法は手術に代わる治療法としてさまざまなケースでおこなわれるため、がん患者さんにとって馴染みのある治療方法へと変わってきているのです。

放射線治療には大きく分けて2つの目的があります。

・根治目的の治療(がんを治すための治療)
・症状緩和目的の治療(痛みなどを和らげるための治療)

それぞれの違いについてみていきましょう。

根治目的の放射線治療

根治目的の治療には、放射線単独療法・化学放射線療法・手術補助目的の照射があります。

化学放射線治療とは

がんの部位に単独で放射線を照射する治療法。転移や再発したがんにも効果が見られます。
病気の状態によって単独でおこなうか薬物療法と組み合わせるかを検討しますが、近年では単独での使用はあまりおこなわれず、化学療法と組み合わせることが増えてきています。

化学放射線治療とは

放射線と薬物療法(抗がん剤)を併用する治療法で、がんの種類によっては抗がん剤単独よりも放射線治療を推奨されることがあります。

手術補助目的の照射とは

補助目的の照射は、目的ごとに以下のようなシーンでおこなわれます。

  1. 手術前の照射…手術前にがん細胞を死滅させておき、がんを小さくするという目的があります。
  2. 手術中の照射…手術中に直接確認できたがん細胞に直接照射する方法。放射線に弱い組織を避けておこないます。
  3. 手術後の照射…手術で取り除ききれなかったがん細胞をできるだけ死滅させ、再発のリスクを下げるための照射です。
  4. 薬物療法主体の補助目的の照射…血液がん治療の際の前処置として、がん細胞を根絶することを目的に全身に照射をおこないます。

症状緩和目的の治療

症状緩和の照射は、がんの症状を抑えることはもちろん、患者さんの生活の質を向上させることが重要な目的のひとつ。緩和照射はさまざまな症状の緩和に効果が期待できるので、長期治療が必要ながんとの闘病には欠かせないものです。
症状別に例を見ていきましょう。

出血を伴う場合

肺がんや大腸がんで出血を伴う症状を止める場合に緩和照射を用います。出血を止めることで貧血症状を抑えられ、精神的にも楽になります。

飲み込み困難の改善の場合

食道がんではがん細胞が食道を圧迫することで食道が狭くなり、飲み込みが困難になってしまうため、飲み込み困難の改善のために緩和照射を用います。原因となるがん細胞に放射線治療をおこなえば、今までどおり食事ができるようになるのです。

放射線による緩和ケアの効果

さまざまな効果が期待できる緩和照射ですが、がんによる諸症状の軽減や生活の質を向上させるとともに、長く治療を続けられる環境を整えることが最大の目的。
放射線による緩和ケアによって期待できる症状は以下のとおりです。

・骨転移による疼痛の緩和
・脳転移の頭痛や吐き気・嘔吐などの神経障害の緩和
・がんが原因で起こる出血の止血
・がんの麻痺や痺れ、神経障害の緩和
・がんによる気道の狭窄・閉塞の緩和
・がんによる消化管の狭窄・閉塞の緩和

上記のように、緩和照射はさまざまな症状に対して効果ができます。1つずつ具体的な効果を確認していきましょう。

骨転移による疼痛の緩和

がんが骨に転移すると、脊髄の圧迫や骨折などさまざまな症状が起こります。特に疼痛の頻度が高く、がん患者さんの70~80%が強い痛みを経験しています。
放射線の緩和照射によって、この疼痛の軽減がはかれます。

脳転移の頭痛や嘔気・嘔吐などの神経障害の緩和

脳転移が起こると、頭痛や吐き気などの神経障害が起こりますが、放射線の緩和照射をおこなうことで、これらの症状の緩和をはかります。

がんが原因で起こる出血の止血

血管の近くにできたがん細胞が血管に広がり、出血が起こる場合があります。肺がんの場合は血痰が出たり、がんや大腸がんの消化器官では下血やタール便(真っ黒な血が混ざった便)が出ることも。
緩和照射をおこなうことで、これらの止血効果が期待できます。

がんの麻痺や痺れ、神経障害の緩和

がんが付近の神経を圧迫し、麻痺や痺れなどの神経障害が起こる場合があります。
緩和照射をおこなうことで、神経障害の麻痺や痺れの緩和が期待できます。

がんによる気道の狭窄・閉塞の緩和

肺がんなどではよく見られる症状ですが、がんが気道を圧迫することで呼吸がしづらくなり、息切れを起こす場合があります。
緩和照射によって、呼吸の安定が期待できます。

がんによる消化管の狭窄・閉塞の緩和

食道がんなどでみられる症状として、がんが消化器官を圧迫して食事が摂りにくくなる、というものがあります。
緩和照射をおこなうことで、飲み込み困難の軽減が期待できます。

上記のようにさまざまな症状を緩和できるのが緩和照射。痛みや苦しみの緩和はもちろん、患者様の生活の質の向上が見込めるため、知っておきたい治療法です。

次世代の放射線治療装置トモセラピーとは

「トモセラピー」とは、アメリカで開発されたがんの放射線治療機器のこと。
がん細胞に高エネルギーの放射線を照射することでがん細胞の分裂能力を失わせたり、がん細胞を死滅させたりします。

トモセラピーは、正常組織へのダメージを軽減した身体に優しい治療が可能となるシステムで、「強度変調放射線治療(IMRT)」と「画像誘導放射線治療(IGRT)」が可能です。

強度変調放射線治療(IMRT)

さまざまな形状を持つがん細胞に合わせて、放射線の方向や位置、照射時間を適切に調整できるのが「強度変調放射線治療(IMRT)」。
従来の放射線治療はがん細胞の周囲の細胞にまで放射線が照射されてしまうことが課題となっていましたが、トモセラピーの強度変調放射線治療(IMRT)はCTスキャンで得たがんの形状をプログラミングされた機能によって正確にコントロールし、がん細胞のみに集中した照射をおこなうことが可能なため、健康な細胞へのダメージを減らすことができるのです。

画像誘導放射線治療(IGRT)

CTスキャンによって得られた画像データにより、照射位置を瞬時に読み取って照射する「画像誘導放射線治療(IGRT)」。さらに自動修正をおこなって照射をおこなうため、がん細胞への高い精度の照射が可能です。
通常の放射線治療よりも治療部位のずれが減少するため正常な細胞への負担や身体への影響が少なくなるのが特徴です。

トモセラピーのメリット

高い精度で照射ができるほかにも、トモセラピーには多くのメリットがあります。まとめて確認していきましょう。

治療時の出血がない

精度の高い照射が可能なため、不要な出血を避けることができ、健康な細胞に対してのダメージを抑えることができます。

複数のがんに対して同時治療が可能

複数箇所への同時照射が可能なので、時間短縮はもちろん、身体への負担も少なくてすみます。

治療前にがん細胞の位置が正確に把握できるため、的確に集中照射が可能

CTスキャンをとることで、自動的にがん細胞へ的確な照射を調整します。強く当てたいところには強く、弱く当てたいところには弱く調整が可能なため、周りの細胞への負担を軽減できます。

正常な組織へのダメージが少なく副作用が少ない

無駄なダメージを抑えられるため、従来の放射線治療より少ないダメージで治療が可能です。

通院による治療がメインで、1回の照射時間は5~30分程度

基本照射時間が短いので、治療に伴う精神的なストレスの緩和につながります。

緩和ケアにもトモセラピーを活用

緩和ケアにおいては、身体的苦痛を緩和することはもちろん、精神的や心理的な負担の軽減にも配慮が必要です。
抗がん治療はそもそも身体的・精神的に負担が大きいもの。さらに、長時間の治療による副作用や健康な細胞へのダメージといった不安要素も内包しています。

トモセラピーを使用した緩和ケアを導入することで、身体的な苦痛の緩和に加え、精神的・心理的な負担の軽減が図れます。

トモセラピーの保険適用化

2010年におこなわれた診療改定で、IMRTが全身転移していないがん(固形の悪性腫瘍)に対して保険適応が可能になりました。※血液がんなどは適応外

これによって、手術前にトモセラピーを使用してがんを縮小させてから手術をしたり、化学療法で小さくしたがんをトモセラピーで治療するといった組み合わせが可能になりました。

トモセラピーは主として根治治療に幅広く活用されており、痛みがなく身体的・精神的負担が少ないため、外来受診にも使用可能。
身体に優しく負担の少ないトモセラピーは、がん治療と緩和ケア、ともに注目されている放射線治療機器なのです。

トモセラピーの治療例

がん患者に対してトモセラピーを用いた事例をご紹介します。

事例1:肺がん

原発巣(最初にがんができた部位)にトモセラピーの単独照射を実施したところ、1年経過後も腫瘍の拡大はなく、治療前と治療後3ヶ月経過した胸部CTの画像データからは腫瘍の縮小が確認されたというケースがあります。

事例2:上顎がん

トモセラピーと超選択的動注化学療法の治療を並行した結果、再発や副作用が見られないまま約1年が経過しているという報告が上がっています。 眼球などの弱い細胞を避けた放射線の精確な照射により、がん細胞の縮小に成功している事例といえるでしょう。

事例3:転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍に対してトモセラピーの定位放射線治療をおこなった事例です。
腫瘍に対しての照射治療に加え、再発や病変の予防を目的とした低いレベルでの全身への照射が同時におこなわれました。
計20回の治療後、大部分の症状において腫瘍の増幅は見られず、良好な結果報告があがっています。

事例4:悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は病名が確定してから急激に進行することがあるため、早期治療が肝要。また、悪性リンパ腫は治療中に縮小するケースがあるため治療途中で評価をしながら照射範囲を変更していくのですが、増大・縮小に合わせて治療が可能なトモセラピーはこのような症状に適しており、治療結果も良好という事例が多く報告されています。

事例5:中咽頭前壁がん(舌根部)の リンパ節転移

2011年に中咽頭前壁がんと診断された78歳の男性。個人的事情により手術を受けずにいたところ症状が悪化し、2013年には右舌根部に悪性腫瘤、右頚部にもリンパ節腫大が見られるようになりました。
同年の12月から、主にリンパ節へ放射線増感剤を併用してトモセラピー(20Gy/4回/3日)を照射。2014年1月には主に中咽頭へ放射線増感剤を併用しトモセラピー(20Gy/9回/7日)の照射を実施したところ、2014年3月にはPET-CTにて上記病変CR(完全消失)が認められ、その後の再発や新規病変の出現もなく、現在に至っています。

事例6:右乳がんのリンパ節転移

2009年3月に右乳腺の腫瘤が発覚し、大学病院で乳がん2b期と診断された36歳の女性。
同年の5月には抗がん剤治療を始めましたが、骨髄抑制(骨髄のはたらきが低下すること)が強く、治療を中止。その後、新たな抗がん剤に変更して治療を試みましたが、血管神経障害が出現したため、再び治療を中止することになりました。
2009年10月、トモセラピー(全病変に48.32Gy/20回(原発+右腋窩リンパ節に60Gy/20回)を実施したところ、4ヵ月後にはPET-CTにてCR(完全消失)が認められたのです。

トモセラピーはどんながんでも使用可能?

トモセラピーは、健康な細胞と悪性の細胞に対して照射レベルを変えての治療が可能です。また、形状に合わせた照射も可能ですから、症状に合わせた治療がかないます。

トモセラピーで治療がおこなわれている病気は以下のとおり。

・前立腺がん
・肺がん
・脳腫瘍
・頭頚部がん(上咽頭がん・中咽頭がん・下咽頭がん・喉頭がんなど)
・肛門がん・直腸がん
・子宮頸がん術後
・皮膚がんの一部

スキャン映像をとることで的確な治療を可能とし、高性能なレーザーを使用することでピンポイントな照射も可能にしたトモセラピー。
上記の症状以外でも使用されることがあるので、医師の適正な診断を仰ぎましょう。

※参照
トモセラピーの実績と成果(福井県済生会病院)
脳神経外科の病気:脳腫瘍に対するトモセラピーを用いた高精度放射線治療(一般社団法人徳洲会)

私たちクリニックC4は『がんをあきらめない』