がん末期でお悩みならクリニックC4。末期がん、多発転移でもクリニックC4のトモセラピーなら治療の可能性があります。

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

がん以外にも緩和ケアは可能?

緩和ケア患者のご家族ができる事とは?

トップページ >> 緩和ケアに関する記事一覧 >> 緩和ケア患者のご家族ができる事とは?

緩和ケアでご家族ができること

家族としてしてあげたいこと

「がんになった」と分かった時は、本人だけではなく家族もショックを受けるもの。何をどう接すればよいか、分からなくなるかもしれません。
大事なのは患者さんの気持ちに寄り添うこと。ただそばにいて見守る時間も必要です。話を聞いて欲しいようなら、無理にアドバイスはせず、共感を持って話を聞いてあげてください。
患者さん自身はもちろん、家族としてもがんや治療に関する情報を集め、正しい知識を得ることが必要になってきます。今は雑多な情報が溢れていますから、惑わされないよう、科学的な根拠に基づいたガイドラインなどを参考にすると良いでしょう。
家族自身もあまり根を詰めたり無理をしたりせず、辛くなったら必要に応じてケアを受けることを考えてください。

実際の介護でできること

終末期の患者さんはがんの進行により全身の力が低下し、運動や家事といった今まで不通にできていたことがだんだんできなくなり、介護が必要になってきます。そうした自身の変化を知ると、患者さんの辛さも増します。
近くで介護をする場合に家族が気を付けることとしては、患者さん自身ができることを尊重し、支えになること。例えば食事は摂れる範囲に調整し、食べたいと思った時に食べたいものを食べられるだけ食べられるようにしてあげましょう。水分の摂取は大切ですので、飲みやすい方法で飲めるようにしてあげてください。
できないことはだんだん増えていきますが、前もってそうなると知っておけば心構えが出来ます。普段の様子を見て確認しながら、できないことをさりげなく支えてあげるようにしましょう。

ターミナルケアでできること

ターミナルケアは、終末期のケア。死期が見えたとき、いかに苦痛なく最期を迎えるかという点に重点を置くものです。
どのようなケアがあるかといえば、体の苦痛に対しての「身体的ケア」、患者さんの不安や恐怖に対する「精神的ケア」、費用などの負担に対する「社会的ケア」が挙げられます。
大切なのは、本人が望む最期を迎えられるようにすること。医療的なことは医療従事者に任せ、家族は精神面を支えるようにします。費用や相続など社会面についても、必要に応じて専門家の手を借りると良いでしょう。

看取りのときにできること

最期をどこでどのように迎えるか、本人の希望を聞き、話し合っておきましょう。無理な延命治療を行うことなく、人間の尊厳を保った最期を迎える手伝いが「看取り」です。
施設での場合、病院の場合、在宅の場合が考えられますが、在宅で看取りをする場合には、医師やケアマネジャーなどとの協力が必要になってきます。
約7割の人が最期を自宅で迎えることを望むといわれていますが、実際には約8割の人が病院や施設で最期を迎えているのが現状です。

緩和ケア医と看取りコミュニケーター、国立がん研究センター医師が語る「できること」

緩和ケア医である廣橋猛先生は、看取りコミュニケーターで看護師の後閑愛美さんとの対談で「どんなシビアな状況であっても家族にできることはある」と話しています。

「家族にできる一番のことは、患者さんの辛さを理解すること。理解できれば半分成功です」
「がんは非常にシビアな病気というイメージかもしれませんが、痛みを取る適切な治療をしていれば、亡くなるギリギリまで元気で過ごせるのが、がんの特徴です。ちゃんとした緩和ケアを早期から受けることで、ギリギリまで元気で過ごせます。それががんです。辛さをみんなで分かち合い、周りが理解してくれれば、本人の辛さはやわらぎます」

家族が患者さんにとって一番の味方になってあげること。そして家族も辛さを抱え込まずに、力になってくれる人を見つけて欲しいと廣橋先生は言います。

看取りコミュニケーターの後閑愛美さんは、看護師として1000人の看取りを経験してきました。家族ができること、看取りを幸せにできる「魔法の一言」についてこう言います。

「ご家族に次の3つのことをしてもらっています。『ぬくもりを感じること』『思い出を語ること』『ありがとうで見送ること』です。思い出を語って『最期までがんばりましたよね。ありがとうございました』と本人に語りかけるようにすると、家族も自然と『ありがとう』と言えて、穏やかな最期と捉えることができるんです」

国立がん研究センター東病院精神腫瘍科長である小川朝生先生は、「ご家族はそばにいてあげればそれで十分」と話します。

「基本的には、患者さんのそばにいて、話に耳を傾けるだけで十分です。患者さんは、自分の気持ちをご家族にわかってもらいたいと思っています。
ですから、患者さんが言うことを否定せずに耳を傾けて、共感する姿勢を示すと、患者さんも安心されます」

不安を感じているときにはアドバイスなどはせずに、寄り添うことで患者さんに安心してもらうとよいのだと言います。

「気持ちにゆとりが出てきた患者さんは、自分で情報を集めたり、専門家の意見を聞きたがったりするようになります。アドバイスなどをするのはそのときまで待って、患者さんご本人が望むのであれば、その道筋をつける手伝いをしてあげてはいかがでしょうか。
また、患者さんの負担になりそうなことは代わりに断るなど、「自ら望まない情報が患者さんに届いてしまうのを防ぐのも、ご家族ができることの一つだと思います」

※参照
ダイヤモンドオンライン「緩和ケアの医師が教える、家族にできる、がん患者の苦しい、辛いをやわらげるために今すぐできること」
大腸がん情報サイト 医療従事者インタビュー「がん患者さんとご家族の心のケア」

緩和ケアで病院ができること

緩和ケアで相談できること

病気について診断・治療するのは各診療科の専門医ですが、緩和ケアではそれにともなう相談を受け、以下のようなさまざまなサポートをしていきます。

・病気診断後の不安や恐怖の軽減
・治療における身体的・精神的・経済的苦痛の軽減
・身体的諸症状への対応
・不眠や気分の落ち込みを緩和
・医療費の負担についての相談
・受診や医師について、転院や自宅療養などの相談
・看取り方など、その人の状況に応じ、その人の価値観を尊重した対応

施設ごとの緩和ケアでできること

緩和ケアは全国のがん診療連携拠点病院であれば、どこでも受けることができます。具体的には「外来」「入院」「在宅」に分けられ、入院は「一般病棟」「緩和ケア病棟」に分けられています。

外来

がん治療のために通っている外来で、苦痛の軽減のために担当医や看護師から緩和ケアを受けることが可能。「緩和ケア外来」のある病院であれば、緩和ケアチームのケアを外来で受けることができます。

一般病棟

がん治療のために入院している病棟で、担当医師や看護師から緩和ケアを受けることができます。必要に応じて他の専門職の協力を仰ぎながら、チームで対応してくれます。

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟は、緩和ケアに特化した病棟のこと。一般病棟と異なり、がん治療ではなく身体的・精神的な苦痛を軽減する緩和ケアチームの専門的なケアを受けながら、できる限り普段通りに生活出来るようにケアしてくれます。

緩和ケアを受ける患者さん本人ができること

つらさ・痛みは我慢せず伝える

がんは、痛みをとることで生活の質が大幅に改善します。
がんの治療と緩和ケアは別の段階と考えられがちですが、最近ではがんは治療をしながら緩和ケアを並行して行い、痛みや辛さを和らげるという方向に向かっています。
痛みや辛さを自分一人で我慢せずに他者に伝えて対応してもらうことは、治療の上でも大切なことなのです。

症状日記を書いてみる

痛みや辛さは本人にしかわかりません。いつ、どんな痛みがあったかという情報は、緩和ケアを行うためには大切な手がかりとなります。
また、薬を服用した場合に、その薬がどれだけ効果があったか、生活がどう変わったかを確認することで、次の治療にも生かすことができます。
「いつ」「どこが」「どのようなときに」「どんなふうに」「どのくらい」痛むか、何がどう辛いのか、症状日記として記録し、医師や看護師に伝えてみると良いでしょう。

緩和ケアと並行してできる「トモセラピー」とは

トモセラピー(Tomotyerapy)は、アメリカで開発されたがんの放射線治療機器です。2002年より治療が開始され、世界でも使用されるようになりました。

放射線治療は、がん細胞に高エネルギーの放射線を照射することでがん細胞のDNAに直接作用して細胞の分裂能力を失わせたり、アトポーシスを増強させたりすることでがん細胞を死滅させます。局所療法のため全身への影響が少ない治療法ですが、従来型の放射線治療では、がん細胞の周囲にある健康な細胞へも照射されてしまうことが避けられませんでした。

トモセラピーによる治療は、放射線の照射元がCTのように患者さんのまわりを螺旋状に回転しながら、細い照射ビームを複数組み合わせて照射します。
これを事前のCTで得られたがんの立体的な形状データをもとにプログラミングされた制御機能によって正確にコントロールすることで、がん病巣のみに集中した照射を行うことができるのです。

こうして高い精度でがん病巣に限定した照射を行うことから、通常の放射線治療よりも低い放射線レベルであっても治療効果をあげることができ、それによって正常な細胞へのダメージが少ない、体にやさしい治療を行うことが可能になります。

多発転移のがんであっても多数の病巣を同時に照射することが可能で、痛みや出血もなく、副作用も少なくて済みます。
局所制御率(照射部位における制御率)は89.8%に上ります。

トモセラピーは通院による治療が主となっているため、緩和ケアと並行できる治療です。手術できない、あるいは手術を受ける体力がない方のがんも治療することができますから、生活の質を高め、がんをコントロールしていくために有効な手段だといえます。

クリニックC4は、手術や抗がん剤治療が難しいがんの再発や体中に転移してしまった多発転移、あるいは末期とされた方のがんを治療・制御した数多くの実績があります。
ぜひ当院の治療実績・症例紹介をご覧ください。

私たちクリニックC4は『がんをあきらめない』