がん末期でお悩みならクリニックC4。末期がん、多発転移でもクリニックC4のトモセラピーなら治療の可能性があります。

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

緩和ケアにおける知って欲しい4つの痛み

緩和ケアにおける知って欲しい4つの痛み

トップページ >> 緩和ケアに関する記事一覧 >> 緩和ケアにおける知って欲しい4つの痛み

がんに罹患すると悩まされるのが、疾病による痛みや精神的苦痛などの痛み。がん患者が受ける痛みは疾病によるものだけでなく、「全人的な4つの苦痛」があるといわれます。
4つの苦痛とはどのようなものか、そして緩和ケアの方法について紹介します。

緩和ケアにおける痛み1.身体的苦痛

身体的苦痛には、体に感じる痛み・息苦しさ・だるさ・動けないストレスなどがあり、がんが直接作用する苦痛と間接的な苦痛があります。

身体的苦痛で感じる痛みとは

がん患者が感じる痛みや悩みは次の4つに分類されます。

1.がんの症状による痛み

がんが引き起こす痛みには、内臓痛・体性痛(骨、筋肉、皮膚など)・神経障害性疼痛の3種類があります。
内臓痛はがんが内蔵を刺激したり圧迫したりすることで発生する、鈍く重い感じの痛み。
体性痛は体を動かしたり圧迫したりした時に発生し、がんによって骨・筋肉・皮膚などが直接刺激されることで鋭い痛みを感じます。
神経障害性疼痛はがんにより神経が障害を受けることで発生する、痛みやしびれなどの異常な感覚を指します。
がんの発生場所や状態により、3つの痛みが単独ではなく複数合わさって発生するケースもあります。

2.抗がん剤の副作用による痛み

抗がん剤の服用により多くの患者が悩むこととなるのが、吐き気や脱毛などの副作用。
吐き気は腸閉塞・腹水貯蓄・心理的問題などの問題が合わさって発生します。
脱毛は容姿の変化が大きく、精神的な苦痛になることも多々あります。

3.検査や手術による痛み

がんの進行度合いを診断する検査「組織診」。対組織を削り取る検査になるため痛みや出血を伴う場合があり、それが患者に苦痛を与えます。
また、手術した部位にそれまで感じていなかったひきつれや痺れなどの痛みを感じる場合もあります。

4.がん以外の症状による痛み

療養のため同じ姿勢で長時間寝ていると、筋肉や関節に痛みが生じるだけでなく、下になっている部分が圧迫され、血液の流れが滞ります。この状態が続いて皮膚に炎症が起こるのが"床ずれ(褥瘡(じょくそう)とも呼ばれる)"です。
床ずれは皮膚に痛みや赤み、ただれが起こり、悪化に伴い水ぶくれや内出血があらわれて痒みや傷みを生じます。重度の床ずれに陥ると、皮下組織から筋肉や骨にまで達することも。傷口から感染症が広がり、敗血症による意識障害や高熱を起こすこともあるのです。

身体的苦痛を和らげる緩和ケアについて

がん患者の中には、医師・看護師や家族に心配をかけまいと気を使い、感じている痛みを伝えず、我慢し続ける方がいます。
痛みの我慢は、睡眠不足や不必要な体力の消耗につながります。その結果、日常生活に支障をきたしてしまうことも。
痛みや辛い症状は我慢せず、医師や看護師に詳しい情報(いつから・どのあたりが・どんなときに・どのような)を伝えて適切なケアを受けることが大切です。

1.痛み止めを使う

解熱鎮痛薬を服用することで苦痛を緩和。鎮痛薬には内服薬のほかに塗り薬や坐薬などがあり、痛みに応じて選択が可能です。
鎮痛薬の継続服用によるがん治療への影響を心配する患者がいますが、苦痛の緩和と治療とは両立が可能。医師の処方量を守り正しく服用すれば、安心して痛みを緩和できます。

2医療用麻酔(モルヒネ)を使う

医療用麻薬を使用すると依存症を心配する患者がいますが、痛みがある時の使用はドーパミンへの作用がないため、習慣化の心配はありません。
依存症とは薬物の乱用が原因となり、脳の快楽物質であるドーパミンへ作用することで発生する精神依存で、薬を中止すると強い不快感に襲われるため、薬なしではいられなくなります。
しかし、医師の指示に従い正しく医療用麻酔を使用すれば、精神依存にはなりません。むしろ、薬により痛みが緩和され日常を取り戻すことでがん治療に前向きな効果が現れるのです。

緩和ケアにおける痛み2.精神的苦痛

精神的苦痛には、不安・落ち込み・うつ状態・恐れ・いらだち・悲しみ・孤独感などがあります。がんを宣告された患者のほとんどが感じる苦痛です。

精神的苦痛を乗り越えていく3つの過程とは

がんの宣告は辛いことですが、心が受け入れていく過程を事前に知っておくと、少しは安心できることでしょう。
苦痛を乗り越えていく3つの過程を紹介します。

1.がんを宣告されたとき:ショックと混乱

がんを宣告されると、誰もが非常に大きなショックを受けて混乱し、すぐには事実として受け入れられません。
何かの間違いだという否定、何をやっても無駄だという絶望。これは誰にでも起こりうる、正常な心の防衛反応です。

2.今後について考え始めたとき:不安と落ち込み

ショックと混乱が落ち着き、今後のことを考え始められるようになると、漠然とした不安を感じたり気持ちが落ち込んだりする心の変化が表れます。
「どうして自分だけが」という怒りや、周りの人との壁を感じてしまう疎外感や孤独を感じるようになるのです。
日常生活への支障や睡眠障害などがあらわれやすい時期になります。

3.現実を受け入れていくとき:新たな出発

人は誰もが時の経過とともに心が落ち着き、苦痛を乗り越えて現実に適応していく力を持っています。
この段階の特徴は、がんについて自ら調べたり、積極的に治療に取り組んだりするなど、行動が現実的になること。
がんによるショックを受けてから新たな出発ができるまでの期間は、通常2週間ほどといわれています。それまでは身体的だけでなく、精神的な緩和ケアも必要となるでしょう。

精神的苦痛を和らげる緩和ケアについて

精神的苦痛の緩和ケアにおいては、がん患者の一番身近にいる家族が大切な役割を果たします。患者の苦痛が和らぐケアを2つ紹介します。

1.患者に寄り添い話に耳を傾ける

受け入れがたい強烈なショックを受け、心がパニックになっている時は、誰かに話を聞いてもらえるだけで安心するもの。
患者にとって一番身近な家族は、今の辛い気持ちを本音で話しやすい相手です。相手を否定することなく聞いてあげることが、精神的に辛い患者のケアになるのです。

2.患者への情報を制御する

辛い症状を訴える患者に対し、良かれと思ってアドバイスをする方がいますが、精神的苦痛を受けている患者には逆効果になる可能性があります。
精神的苦痛が緩和されて患者がアドバイスを求めてくるまでは、家族が患者へ伝える情報を制御し、聞くことに専念した方が良いでしょう。

緩和ケアにおける痛み3.社会的苦痛

精神が不安定になることで発生する体の不調を社会的苦痛といい、眠れない・落ち着かない・息苦しい・めまいがする・冷や汗をかくといった症状があります。

社会的苦痛とはどのようなものなのか

社会的苦痛は、経済・仕事・家庭・人間関係・相続などにおいて、患者本人が望まない変化がストレスとなり発生します。
予想すらしていなかった変化が突然起こり、自分を否定されていると錯覚し苦痛に感じるのです。代表的な変化を3つ紹介します。

1.お金に関して起こる変化

急に必要になった高額な医療費、にもかかわらず休職や退職などで激減する収入は、不安を引き起こす大きな原因に。
また、本人はまだ先と思っていた相続の話を家族や親戚が持ちかけてくるようになると、強烈なストレスを感じ痛みになります。

2.仕事や職場で起こる変化

がんの症状によっては、今までと同じ条件で働けず、職場での地位や仕事内容の変化を受け入れざるを得ない場合があります。
職場の配慮には感謝する一方、望まない不本意な変化が精神的ストレスを引き起こし、苦痛につながるのです。

3.家庭内で起こる変化

がん患者が今まで担っていた家庭の中での役割を果たせなくなると、その分は誰かが代わりに担当する必要があります。
毎日生活をともに過ごしていれば、家族の行動・表情の変化は否応なしに目に飛び込んできます。自分の役割を全うできないことや負荷をかける申し訳なさから、繊細な性格の患者ほど苦痛を感じるようになるのです。

社会的苦痛を和らげる緩和ケアについて

社会的苦痛の緩和ケアは、家族のサポートに加えて社会制度や専門家の福祉サービスを取り入れることがポイントになります。
ぜひ知ってほしい緩和ケアを3つ紹介しましょう。

1.社会制度を知り活用する

必要な治療費を予測できないと、安心してがん治療を受診できません。
日本には高額療養費制度があり、申請すれば医療費の上限が定められ、毎月の支払いが上限額を超えることはなくなります。
適用可能な制度を調べ、すみやかに申請を進めましょう。

2.ソーシャルワーカーに相談する

どうしても解決できない悩みは抱え込まず、社会福祉の専門家であるソーシャルワーカーに相談するのが解決への近道。
経験豊富な専門家のアドバイスが、苦痛から開放されるきっかけとなることでしょう。

3.家族の役割を変える

新しい環境に適応していくために家族の役割分担を見直すのは、患者のみならず家族にとっても大切なこと。
話し合い、納得してお互いの役割を変更することで、家族全員でがん患者を支える体制を築くことができるのです。

緩和ケアにおける痛み4.スピリチュアルな苦痛

スピリチュアルな苦痛とは、生きることの意味・人生の意味・死への恐怖など、人間の根源に関わる問いかけにより生じる深い苦悩のこと。
先に紹介した身体的・精神的・社会的苦痛のすべてを受け入れるための苦痛になります。

スピリチュアルな苦痛で感じる痛みとは

スピリチュアルな苦痛は、今までは当たり前と思っていた関係性や自律性、時間性が徐々に崩れていくことが原因となって発生します。

1.関係性が原因となる痛み

患者との関係性が深い家族に対して今後のことを心配したり、気持ちを理解してもらえず孤独を感じたりといったことが痛みを感じる原因となります。
信仰心の強い人は、今まで信じていた神や仏との関係性で悩みます。自分を救ってくれない神や仏に落胆し、深い苦しみを感じる場合があるのです。

2.自立性が失われることへの痛み

自分のことが自分でできなくなって将来が不安になる、役割や楽しみが失われて生きる意味を見失う、容姿が変わっていくことが辛くなる…といったことが原因で、深い痛みが生じます。
日を追うごとに無力になっていく自分、他者へ依存し負担と迷惑をかけざるをえない自分への落胆から感じる苦悩です。

3.人生の時間が有限であることに気づく痛み

やり残したことへの心残り、やがて訪れる死に対する不安や恐怖、治る見込みが低いと感じる不条理などが要因となって、深い痛みを感じます。
残りの人生が短いことを自覚してしなかったことへの後悔の念が湧いたり、自らの人生の意味を問うたりといったことで生じる痛みです。

スピリチュアルな苦痛を和らげる緩和ケアについて

スピリチュアルな苦痛の緩和ケアでは、生きがいを失い人生の根本を問うている患者を精神的に支え、新しい生き方へサポートすることが大切です。

1.寄り添って信頼関係を構築する

患者に寄り添い・関心を向け・話を聞くといった"理解する姿勢"を示すことで信頼関係が生まれ、苦しい痛みを乗り越える支えになれます。
一緒に過ごす何気ない時間によって患者が失いかけていた存在価値が満たされ、スピリチュアルな苦痛の緩和につながるのです。

2.カウンセリングを利用する

スピリチュアルな苦痛は、人生そのものを問う深い悩みです。患者のことを一番よく知っている家族でさえ、苦しみの緩和が難しい場合があります。
多くの苦痛を緩和してきた心理専門家や宗教家のカウンセリングは、患者の心に寄り添い、苦しむ心を支えて楽にしてくれる痛みの緩和方法です。

私たちクリニックC4は『がんをあきらめない』