「SHELT‘N」クリニックC4 - トモセラピーによる先端医療でがんの再発や多発転移、がんの末期などで「手立てがない」とされた方の治療を行います

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

再発がん・転移がんの治療とトモセラピー

再発がん・転移がんの治療とトモセラピー  - 当院のがん治療 -
- 当院のがん治療 -

トップページ >> 再発がん・転移がんの治療とトモセラピー - 当院のがん治療

当院の治療実績

再発がん・転移がん(特に多発転移)の治療について

がん治療は日進月歩ではありますが、治療をすり抜けたがん細胞が同じ部位に現れたり(再発)、別な部位に転移して現出したりする(転移)ことを十分に抑えることはできていないのが実情です。

このがんの再発・がんの転移が起こってしまった場合は、残念ながら治療が難しくなってしまいます。
特に治療が難しいのが、複数の部位に転移してしまう「多発転移」です。体のあちらこちらにある病巣を手術で乗り除くのが難しいことは、容易にご想像いただけるのではないでしょうか。

多発転移にも対処可能

放射園治療はがん細胞への局所療法なので全身への影響が少ない治療ではありますが、従来型の治療では正常細胞への照射も避けられないため、複数の病巣への照射を行うということになると、正常細胞への影響が無視できないレベルになってしまうため、限界がありました。

また治療機器の機能として複数の病巣に同時に対処できるものはまだ少ないのが実情です。

トモセラピーは、CTで得られたがんの立体的な形状データをもとにプログラミングされた制御機能によって、正常細胞への影響を低く抑えながら、がん病巣に的確な放射線照射を行いますが、それはがんの形状データがあれば病巣の数がいくつあろうと機器の機能としては問題無く、照射量の限界も高いということになります。

トモセラピーは1回の施療で複数の病巣に必要な照射を行うことができ、多発転移のがんでも、単一病巣の場合と同じように治療することが可能です。

がんの再発・多発転移

手術など体への大きな負担が無く、治療期間も比較的短いトモセラピー治療は、がんの再発・がんの転移が起こってしまった場合にも、QOL(Quality of Life:生活の質)を落とすことなく、がんの制御をめざす治療です。
ページトップへ