最新がん治療情報 がん治療基礎知識

現在のがん治療法

これまでに確立された、がんの治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば、体の具合が悪かったり健康診断で異常が認められたりしたとき、人は病院を受診します。精密検査の結果「がん」と診断された場合、その性質や広がり方に応じ、手術、放射線、抗癌剤といった治療が施されます。

まず手術ではがん病巣をその周囲の正常な部分で包み込むようにして取り出します。かなりの傷ができますが身体にはそれをなおすための仕組みが備わっています。次に放射線はがん病巣を含む領域に対し照射を行います。がん病巣はこの治療によって増える力を失い死滅していきます。一方、抗癌剤治療ではがんを直接ねらうのではなく体全体に対し細胞を殺す働きのある薬を与えます。もし体内に目に見えないがん病巣が飛び散っていたときには抗癌剤でないとおさえることができません。手術や放射線では目に見える病変しか相手にできないからです。

現在のがん治療法にはそれぞれに限界があります。手術は体に傷をつけて直接がん病巣を取り出すわけですから、がんの存在する局所を対象とした体に直接の侵襲のおよぶ治療といえます。がんが進むと手術では取りきれないことが多く、たとえ目に見える範囲でがんが無くなったとしても、やがてあちこちに再発してきます。その理由のひとつとして、傷が入ると体はその傷を治そうとして様々なメッセージを出しますが、それらは実はがん細胞をあちこちに広げ増殖させる作用があるといわれています。だから目にみえない量のがんでも残っていたときには手術を行うと体全体に広げてしまうことになります。放射線治療では体に直接傷をつけることはありませんが、がんと周囲の正常組織がともに照射されるため限界があり、放射線の効きが悪いがんの場合、残ってしまうことがあります。また、一度消えたとしても同じ場所にまた生えてきたような場合に二度目の治療は困難であるとされています。抗癌剤ではその作用は体全体に及びます。重要な臓器の障害のせいで十分な量の薬が投与できないことから大きながんの塊をたたくのには向いていません。またがん細胞自体にも薬の効きが良いもの悪いものがあり、さらに何度も薬を使っているとがんのほうが慣れてきて、最後には効かなくなる場合もあります。

これまでのがん治療技術の課題を克服するために様々な工夫がなされています。まず手術では極力傷を少なくすることにより体力の回復を促すような縮小手術があげられます。この代表に内視鏡手術がありますが、かつていろいろと話題になったように、安全確実にこれを行うには外科医の技量を必要としています。次に放射線については治療対象を従来の領域から局所に絞込むような技術の発展があげられます。それでも周辺の正常組織への影響は無視できず繰り返し治療は難しいといわれています。また抗癌剤については、少なくとも効かないがんには使わないように予め調査することができるようになってきました。最近新たな治療法として免疫療法や遺伝子治療があります。最先端の生命科学技術を取り入れ、いわゆる「癌の特効薬」を作ろうとする動きです。米国をはじめとした西欧各国で21世紀型の基幹産業となるヒトゲノム情報の利用を表した戦略の概要を下図に示します。

現時点ではこれらは極限られたがんに対して実験的に用いられており、どんながんにも効くという証明はなされていません。また遺伝子治療については1999年に起きた重篤な副作用の結果、世界的にみても承認に慎重な姿勢を示しています。

これらの方法論を見て分かることは、現在実施されているだけでなく想定されているすべての手法をもってしても、多段階遺伝子変異というがんの原因を取り除く(つまり変異したすべての遺伝子情報を修復する)といった根本的治療法は存在しないということです。

つまり、多くの感染症に対する抗生剤のような純粋技術レベルとは異なり、21世紀においてもがん治療とは発展途上の技術であると言えます。米国がんセンターによっても、がんの治癒とはがん以外の原因で死ぬまでがんおよびその治療の副作用で死なないこととしか定義できていません。

最新がん治療情報 navigation
▲ ページトップへ