がん末期でお悩みならクリニックC4。末期がん、多発転移でもクリニックC4のトモセラピーなら治療の可能性があります。

〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町33番12号

最新がん治療情報

最新がん治療情報  - 5 がん免疫療法 -  - 5 がん免疫療法 -

トップページ >> 最新がん治療情報 - がん免疫療法

当院の治療実績

がん免疫療法

手術、抗がん剤、放射線治療に次ぐ第四の治療法としてがん免疫療法が注目されています。

具体的には樹状細胞、Tリンパ球細胞(αβT、γδT、活性化自己リンパ球、細胞障害性リンパ球など)、NK細胞と、さまざまな免疫細胞を用いたがん治療法が提唱されています。

がんの全身治療といえば、一般に認められているのが化学療法(抗がん剤や分子標的薬)です。これらの効果については概略30%といわれていますが、実際にはがん患者全体の内、標準的な投与方法を継続できる割合が30%ですので、トータルでみると0.3×0.3≒10%の方に有用となります。一方でがん免疫療法についても全体的には10%程度の有効性といわれています。

では、がん免疫療法の効果がさほど高くないのはなぜなのでしょうか?

よく考えてみると、もしがんに対する免疫機能が働いていたとしたら、そもそもがんにはなっていないはずですが、現実には体内の免疫監視機能をかいくぐってがんは発生し増殖転移をしてきます。どうしてがんが免疫監視機能を、かいくぐることができるのかについて、色々なことがわかってきました。

ひとつには、がん細胞が攻撃型リンパ球の攻撃性を発揮させないような因子を出していること、もうひとつにはがん細胞はある程度のサイズになると自分の周囲に抑制型リンパ球というバリアになる細胞をまとっていることがあげられます。

最近ではこれらの事象を取り除くような薬剤も開発されてきました。前者に対しては抗PD1抗体、後者に対しては抗CTLA4抗体があげられます。しかし抗PD1抗体は有効性が10%程度と低く、抗CTLA4抗体には肝炎などの自己免疫疾患という副作用が問題となっています。

がんの免疫療法を行う際に重要となることは、体内に存在する多数のがん細胞の機能を確実に制御するとともに、周囲にある抑制型リンパ球を効率良くはぎ取ることです。

そのために最も有効な方法が、全がん病巣への高品位な強度変調放射線治療を免疫治療に先立って実施することです。これにより、がん細胞の制御にあわせ、周囲の抑制型リンパ球の一掃が確実に実現できます。

これまで樹状細胞を使った免疫治療では、がん細胞の表面に発現しているであろうと推定されるペプチド(タンパクの断片)をナイーブな樹状細胞に認識させた「ワクチン」を、がんとは無関係な表在リンパ節周囲に皮下投与する方法がとられていましたが、使用するペプチドがそれぞれの患者さんのがん細胞表面抗原とは必ずしも一致しないことから、有効性は極めて限定的でした。

一方で、加温やエタノールなどの化学物質ではなく、放射線により制御されたがん細胞の表面抗原は、タンパク変性を伴わないため体内の免疫細胞(特に単球系のマクロファージや樹状細胞)により認識され、特異的ながん免疫の再構築の可能性がより高いと考えられています。そのような特異的ながん免疫をより効率よく再構築させるには、放射線治療を行ったがん組織にナイーブな樹状細胞を局所投与する方法があります。

こうした患者さん体内で特異的ながん免疫を再構築する場合に重要なこととして、がん周辺の正常リンパ節を破壊しないことがあげられます。従来の放射線治療ではがん病巣の所属リンパ節は、予防的に同時治療することが推奨されていましたが、特異的がん免疫の成立のためには正常なリンパ節を極力温存することが重要と考えられます。

私たちクリニックC4は『がんをあきらめない』

ページトップへ