がん治療Q&A 

Q&A 120 〜 100

放射線治療とはどのようなものですか?
(2013/04/05)
医療の分野で用いられる放射線にはX線、電子線、粒子線および各種放射性同位元素を用いた治療があります。一般に体外から放射線をかける方法が外照射といわれ、最も侵襲が低いといわれています。皆さんがCTやX線診断を受けるときに用いられるのもX線ですが、治療に用いられるX線は診断の時より1桁以上高いエネルギーを用います。 放射線治療を受けたがん病変は線量に応じ確率的に細胞数を減らしていきます。
放射線治療とはどのようなものですか?
(2013/04/05)
医療の分野で用いられる放射線にはX線、電子線、粒子線および各種放射性同位元素を用いた治療があります。一般に体外から放射線をかける方法が外照射といわれ、最も侵襲が低いといわれています。皆さんがCTやX線診断を受けるときに用いられるのもX線ですが、治療に用いられるX線は診断の時より1桁以上高いエネルギーを用います。 放射線治療を受けたがん病変は線量に応じ確率的に細胞数を減らしていきます。

ご質問の前にお読みください▼

ここで出された質問はこのサイトでしかお答えできません。
個別の症例の質問など、プライバシーを必要とする時はここではなく、上段にある「メールでお問合せ」をご利用下さい。個別にメールでお答えいたします。
▲ ページトップへ